守山市観光物産協会

SPOT
スポット

[神社][祭り]

勝部神社

滋賀県守山市勝部1丁目8-8

現在の本殿は、戦国時代に佐々木高頼(ささきたかより)が再興したもので、国指定の重要文化財となっています。
内陣(ないじん)両側の縁が一段高くなっており、正面に付けられた向拝の部分に優れた彫刻の手挟(てばさ)みがあります。

 

祭神は、物部布津命(もののべふつのみこと)・火明命(ほあかりのみこと)・宇麻志間知命(うましまちのみこと)
祭神が武神であったことから武家の信仰が篤く、近江国守護の佐々木氏が出陣する際には、必ず勝部神社の竹を旗竿(はたざお)にしたと伝えられています。

 

【勝部の火まつり】県選択無形民俗文化財
約800年もの伝統をもつ「火まつり」は、大蛇に見立てた松明に一斉に火を放ち、燃え盛る炎の前で無病息災を願って褌姿の若者が乱舞します。
守山の新年の風物詩となっており、滋賀県の三大火祭のひとつに数えられています。

 

鎌倉時代、土御門天皇(つちみかどてんのう)にとりついた大蛇を退治し、焼き払ったところ、天皇の病気が治ったとの言い伝えを起源としています。
大蛇を退治した際、胴体は勝部神社(勝部)に、頭は住吉神社(浮気)に飛んで行ったことから、勝部神社では胴体に見立てた松明を燃やし、一年の無病息災を祈ります。

 

毎年1月第2土曜日に行われます。

 

勝部の火まつりについてはこちら

Information詳細情報

所在地 滋賀県守山市勝部1丁目8-8
料金 無料
アクセス JR琵琶湖線守山駅から徒歩約10分
駐車場 あり
ホームページ http://www.city.moriyama.lg.jp/shokokanko/jinnjabukkaku_8.html
お問い合わせ 勝部神社
077-583-4085
        
火まつり交流館
077-582-2931

Access Mapアクセスマップ

Googleマップで見る